減災塾プロジェクト

スマホBCPサービス終了のお知らせ

2022年 1月23日 日曜日

現在、弊社で取り扱いしております

スマホBCPサービス

こちらを2022年1月末日をもちましてサービスが終了となりましたので
お知らせ致します。

ニッポン放送:垣花正あなたとハッピー出演

2022年 1月17日 月曜日

本日、9時35分頃より

AM 1242 ニッポン放送 垣花正あなたとハッピーに出演致しました。

阪神淡路大震災の当時の状況や

今後の必要な対策についてリスナー向けにお話させて頂きました。

阪神淡路大震災発生より27年目

2022年 1月17日 月曜日

阪神淡路大震災発生より27年目

2022年 1月17日 金曜日

阪神淡路大震災発生より27年目

本日、1月17日で阪神大震災の発生から27年がたちます。

多くの方が建物の崩壊などで亡くなられました。御冥福をお祈り致します。

阪神淡路大震災を経験した減災塾塾長の水島重光は
自身の被災した経験などを『語り部』として全国で『減災』をキーワードに啓蒙セミナーの活動をしたり
新潟中越地震や東日本大震災などこれまで多くの大規模災害では現地の物資コーディネートを行うために発災後すぐに先遣隊として現地に入り陣頭指揮を取りサポートさせて頂き被災された皆さんと寄り添って参りました。

今日まで多くの被災地域で、その惨状を体感した水島塾長及び減災塾は
その経験体験を
私たちと関わる皆様に
一緒に体感共感して頂き

【如何に事前に災害時の被害を自助努力・協(共)助努力で少しでも減らせるか】
を理念にした「減災」啓蒙活動を行っております。

近年はコロナなどの感染症の拡大に加え、災害の規模も大規模になってきてます(地震、風水害、雪害など)→『複合災害』と言われています。
まだまだ多くのご家庭や企業で家具などの転倒防止や備蓄の備え(職場なども含む)・沿岸部の地域では津波の対策不足なども見受けられます。※BCP対策などの企業災害対応含む

本日、改めて自然災害の発生に対してどのように対処するのか等の災害対策をご自身やご家族の皆さんと話し合ってみて下さい。
災害時に後悔しないために!

身近に出来る事から少しずつでいいので考えてみて下さい!

まちかど防災『減災塾』では、これからも未曾有の自然災害に対して、皆さんと一緒に【事前に如何に自助、共助努力で災害時の被害を減らすことができるか】の『減災』活動を行っていきます。

一般社団法人まちかど防災減災塾
〒270-1431
千葉県白井市根119-8
047-492-1198

関連会社 株式会社ユースHPリニューアルのお知らせ

2021年 4月15日 木曜日

減災塾の関連会社でもある
株式会社ユースのHPがリニューアルされました。

https://youth-kikaku.co.jp

新商品の
・車椅子サポート昇降機 ラクローラー
・折りたたみ式コンテナハウス
・グランピング用品
・防災用品

などを掲載しております。

新商品販売:ラクローラー(車椅子サポート昇降機)

2021年 3月8日 月曜日

新商品販売開始のお知らせ

2021年3月11日木曜日に

楽に車椅子をサポートするというコンセプトを持った

車椅子サポート昇降機の

『ラクローラー』を販売開始致します。

介護サポート・災害時の避難サポートなど幅広くサポートします。

車椅子に乗ったまま階段を電動で昇降できる昇降機です。

ぜひ、ご興味のある方は下記までご連絡ください。

https://youth-kikaku.co.jp

販売元
株式会社ユース企画
〒270-1431 千葉県白井市根119−8
TEL:047-492-1198
FAX:047-492-1199
ootake@youth-kikaku.co.jp
担当者:大竹

監修会社
一般社団法人まちかど防災減災塾

東日本大震災の発生から9年

2020年 3月11日 水曜日

東日本大震災の発生から9年
2020年 3月11日

本日、3月11日で東日本大震災の発生から9年がたちます。

今年は新型コロナウイルスの関係で式典なども中止が相次いております。

ただ、過去の震災においての記憶はこのような状況下でも大切であり
多くの方が津波の被害や建物の崩壊などで亡くなられましたことに改めて御冥福をお祈り致します。

津波などで大規模な被災をした東北の被災3県だけでなく、千葉県や茨城県などの関東首都圏地区でも液状化や
津波で被災した地域、被災した方々がいます。

復旧復興した地域や少しずつですが復興している地域など様々で、本当に大きな爪痕を残した震災だったと改めて感じられました。

また、今なお多くの被災者の方々が仮設住居などでの不便な暮らしを強いられている現状もあります。
本当に少しでも早い復旧復興が進むことを祈念致します。

阪神淡路大震災を水島塾長自身も被災経験し、新潟中越地震や東日本大震災など多くの大規模災害で現地の物資コーディネートを行うために発災後すぐに先遣隊としてサポートさせて頂き被災者と寄り添って参りました。

多くの被災地域で、その惨状を体感した水島塾長は その経験体験を多くの皆様と一緒に体感共感して頂き、【被害を自助努力・協(共)助努力で如何に少しでも事前に減らせるか】を理念にした「減災」啓蒙活動を行っております。

まだまだ多くのご家庭で家具の転倒防止や備蓄の備え(職場なども含む)・沿岸部の地域では津波の対策不足なども見受けられます。

本日、改めて自然災害の発生に対してどのように対処するのか等の対策をご自身やご家族の皆さんと話し合ってみて下さい。 身近に出来る事から少しずつでいいので考えてみて下さい。また、コロナウイルスの感染予防対策も行っていきましょう。

まちかど防災『減災塾』では、これからも未曾有の自然災害に対して、皆さんと一緒に【事前に如何に被害を減らすことができるか】の『減災』活動を行っていきます。



東日本大震災発生より8年目

2019年 3月11日 月曜日

東日本大震災の発生から8年
2019年 3月11日

本日、3月11日で東日本大震災の発生から8年がたちます。

多くの方が津波の被害や建物の崩壊などで亡くなられました。御冥福をお祈り致します。

津波などで大規模な被災をした東北の被災3県だけでなく、千葉県や茨城県などの関東首都圏地区でも液状化や
津波で被災した地域、被災した方々がいます。

復旧復興した地域や少しずつですが復興している地域など様々で、本当に大きな爪痕を残した震災だったと改めて感じられました。

また、今なお多くの被災者の方々が仮設住居などでの不便な暮らしを強いられている現状もあります。
本当に少しでも早い復旧復興が進むことを祈念致します。

阪神淡路大震災を水島塾長自身も被災経験し、新潟中越地震や6年前の東日本大震災など多くの大規模災害で現地の物資コーディネートを行うために発災後すぐに先遣隊としてサポートさせて頂き被災者と寄り添って参りました。

多くの被災地域で、その惨状を体感した水島塾長は その経験体験を多くの皆様と一緒に体感共感して頂き、【被害を自助努力・協(共)助努力で如何に少しでも事前に減らせるか】を理念にした「減災」啓蒙活動を行っております。

まだまだ多くのご家庭で家具の転倒防止や備蓄の備え(職場なども含む)・沿岸部の地域では津波の対策不足なども見受けられます。

本日、改めて自然災害の発生に対してどのように対処するのか等の対策をご自身やご家族の皆さんと話し合ってみて下さい。 身近に出来る事から少しずつでいいので考えてみて下さい。

まちかど防災『減災塾』では、これからも未曾有の自然災害に対して、皆さんと一緒に【事前に如何に被害を減らすことができるか】の『減災』活動を行っていきます。


10月14日 白井市 プラザ西白井 防災訓練

2018年 10月14日 日曜日

10月14日に開催された白井市西白井のプラザ西白井の防災訓練にサポート参加しました。

当日は防災用品の展示などを行いました。

まちかど防災『減災塾』オリジナル店舗(ALIVE)を成田空港にオープン

2017年 5月30日 火曜日

この度、私ども(一社)まちかど防災『減災塾』では

2017年6月1日~30日にかけて、

成田空港第2旅客ターミナル本館4階催事スペース(出国審査前)に

『世界に誇る防災大国日本から最先端の防災及び防災用品をPR』というコンセプトで

最新・最先端の防災用品を取り揃えた
『ALIVE(アライブ)』を期間限定でオープンいたします。

プロジェクトを立ち上げてから、多くの方の御協力があり

ようやくスタートを切ることが出来ます。

是非、お立ち寄り頂けましたら幸いです。

http://www.naa.jp/jp/20170529-newopen.pdf


https://www.gensaijuku.com/

減災塾新プロジェクト 会社紹介シリーズ VOL.3『レンゴーペーパービジネス㈱』

2014年 10月5日 日曜日

減災塾新プロジェクト 会社紹介シリーズ VOL.3『レンゴーペーパービジネス㈱』

まちかど防災『減災塾』では新プロジェクトとして協力提携の会社をご紹介していきます。
防災減災だけでなく異業種を通して会社紹介させて頂きます。

https://www.gensaijuku.com/

会社シリーズ第3弾は減災塾GPの初期からのメンバーの『レンゴーペーパービジネス㈱』社です。

http://rengo-pb.jp/

レンゴーグループの中核商社としてお客様のニーズを正確に、タイムリーに反映させることで「モノ」と「情報」の円滑な流れを”More Aggressive”な機動力でサポートしている会社です。

まちかど防災『減災塾』とコラボで家具転倒防止用品の『スキマックス君』を開発致しました。

まちかど防災『減災塾』はこれからも『レンゴーペーパービジネス㈱』社と一緒に取り組みを行っていきます。

スキマックス君パンフ