これまでのニュースリリースはこちら, これまでの講演/セミナー, ニュースリリース

阪神淡路大震災発生より26年目

2021年 1月17日 日曜日

2021年 1月17日 金曜日

阪神淡路大震災発生より26年目

本日、1月17日で阪神大震災の発生から26年がたちます。
多くの方が建物の崩壊などで亡くなられました。改めて御冥福をお祈り致します。

阪神淡路大震災を経験した減災塾塾長の水島重光は
自身の被災した経験などを『語り部』として全国で『減災』をキーワードに啓蒙セミナーの活動をしたり
新潟中越地震や10年前の東日本大震災などこれまで多くの大規模災害では現地の物資コーディネートを行うために発災後すぐに先遣隊として現地に入り陣頭指揮を取りサポートさせて頂き被災された皆さんと寄り添って参りました。

今日まで多くの被災地域で、その惨状を体感した水島塾長及び減災塾は その経験体験を

私たちと関わる皆様に

一緒に体感共感して頂き

【如何に事前に災害時の被害を自助努力・協(共)助努力で少しでも減らせるか】を理念にした「減災」啓蒙活動を行っております。

近年はコロナなどの感染症の拡大に加え、災害の規模も大規模になってきてます(地震、風水害、雪害など)→『複合災害』と言われています。

まだまだ多くのご家庭や企業で家具などの転倒防止や備蓄の備え(職場なども含む)・沿岸部の地域では津波の対策不足なども見受けられます。※BCP対策などの企業災害対応含む

本日、改めて自然災害の発生に対してどのように対処するのか等の災害対策をご自身やご家族の皆さんと話し合ってみて下さい。

災害時に後悔しないために!

身近に出来る事から少しずつでいいので考えてみて下さい!

まちかど防災『減災塾』では、これからも未曾有の自然災害に対して、皆さんと一緒に【事前に如何に自助、共助努力で災害時の被害を減らすことができるか】の『減災』活動を行っていきます。