減災塾グッズ紹介

減災塾パートナー企業商品紹介 子供の迷子防止・高齢者の徘徊防止 『Guardian』

2015年 6月12日 金曜日

減災塾パートナー企業『富優技研株式会社』様の取扱い製品、

子供の迷子防止・高齢者の徘徊防止デバイス『Guardian』です。

 

【商品詳細ページ】

【問い合わせ先】

富優技研株式会社

Mail:info_ftj@fortecjgrp.com

担当:石橋

子供の迷子防止、高齢者の徘徊防止に

子供、高齢者の見守りグッズ Bluetooth4.0デバイスとスマートフォン、専用アプリで子供、高齢者の見守り(迷子防止/徘徊防止)、捜索の助けとなる製品です。



 

 

 

子供、高齢者の見守りグッズ
Bluetooth4.0デバイスとスマートフォン、専用アプリで子供、高齢者の見守り(迷子防止/徘徊防止)、捜索の助けとなる製品です。緊急時はアプリ内からSNS(twitter,Facebook)を利用して行方不明者捜索の協力を依頼することも可能です。

【商品情報】
■安全距離指定
※指定範囲をデバイスが出た場合にスマートフォンのアラーム、震動でお知らせします。
■共同見守り
※アプリをインストールした家族、友人と共同で見守りできます。
■見守りネットワークでの捜索
※アプリをインストールした全ての人のスマートフォンを利用して捜索できます。

・ios7以降、android4.3以降対応(アプリ名:Beluvv Guardian)
・サイズ:L31.5mm×W27mm×H8.7mm
・重量:約6g
・防水IPX5
・RoHS/Reach無毒認証取得
・電池交換可能(リチウムボタン電池 CR2032)
・アプリ内でデバイスの電池残量表示
・携帯用腕輪付属
・SNSへの簡単投稿機能
・日本の技術基準適合証明取得済
・生産物賠償責任保険加入済み
・一週間に16時間接続した状況下で、約4か月の使用が可能です。

※製品のパッケージは予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。

減災塾新プロジェクト 会社紹介シリーズ VOL.3『レンゴーペーパービジネス㈱』

2014年 10月5日 日曜日

減災塾新プロジェクト 会社紹介シリーズ VOL.3『レンゴーペーパービジネス㈱』

まちかど防災『減災塾』では新プロジェクトとして協力提携の会社をご紹介していきます。
防災減災だけでなく異業種を通して会社紹介させて頂きます。

http://www.gensaijuku.com/

会社シリーズ第3弾は減災塾GPの初期からのメンバーの『レンゴーペーパービジネス㈱』社です。

http://rengo-pb.jp/

レンゴーグループの中核商社としてお客様のニーズを正確に、タイムリーに反映させることで「モノ」と「情報」の円滑な流れを”More Aggressive”な機動力でサポートしている会社です。

まちかど防災『減災塾』とコラボで家具転倒防止用品の『スキマックス君』を開発致しました。

まちかど防災『減災塾』はこれからも『レンゴーペーパービジネス㈱』社と一緒に取り組みを行っていきます。

スキマックス君パンフ

ダイワサービス社の防災機能付きウォーターサーバー『EMISUI』取扱い開始

2014年 7月18日 金曜日

減災塾協力企業のダイワサービス社の防災機能付きウォーターサーバー『EMISUI』取扱い開始しました。

国内初で防災機能を搭載したウォーターサーバーになります。

詳しくは『EMISUI』のHPをご覧ください。

まちかど防災『減災塾』のキャンペーンコードを下記に掲載しています。
お申込時に記載して頂きますとまちかど防災『減災塾』オリジナルグッズを
後日お届けします。

キャンペーンコード 『500000005』です
まちかど防災『減災塾』・ダイワサービスEMISUIキャンペーンコード案内文書

減災塾オリジナル 『減災用品カタログ』 発刊のお知らせ

2013年 9月15日 日曜日

減災塾オリジナルの『減災用品カタログvol.0』が本日発刊されました。

まちかど防災『減災塾』とは何なのか?
まちかど防災『減災塾』ではどのようなことが皆さんと一緒に出来るのか?

提携協力メーカーさんの減災用品や
まちかど防災『減災塾』オリジナル開発のコラボ商品などを
掲載してります。

是非一度ご覧になってみてください。

【お問合せ先】
まちかど防災『減災塾』事務局
047-492-1198 担当 大竹

減災塾プロジェクト第5弾! テラモーターズとのコラボレーション 『災害時における交通手段及び通勤難民を如何に防げるか』

2013年 3月25日 月曜日

減災塾プロジェクト第5弾! テラモーターズ㈱とのコラボレーション

ポイントは・・・・
大災害時において如何に交通手段を確保するかが大事になります。


ガソリン等の燃料不足・各種交通機関がマヒすること等を
今回の大震災でも多くの方が経験したと思います。

そうすることで起こりうる現実は・・・皆が燃料を求めます。

ガソリンスタンドの大渋滞など様々な弊害が身近に起こるようになります。

当然のことながら、帰宅難民はもちろんですが・・・

平日に震災が起こると、多くの『通勤難民』が生まれることです。

今回の東日本大震災は金曜日の午後14時過ぎでした
しかし、阪神淡路大震災と同じ朝方に震災が起きた場合は・・・

想定してみてください。

家庭を守るためには・・・
現状を守るためには・・・

やはり仕事を守ることになります。

企業や経済で重要視されている企業継続計画(BCP)
もちろん本社機能やパソコン等の危機を心配されるのは当然です。

しかし、災害時は平時ではなく非日常の状況になります。
デジタルではなくアナログになりうるのです。


如何に社員の安全を確認するか
如何に顧客の確認をとるか
如何に会社の存続を行うか

そのことが一番重要な課題になります。

そこで減災塾ではテラモーターズ㈱とプロジェクトをコラボして
テラモーターズ㈱が開発した電気スクーターを活用して

如何に 
 『災害時における交通手段及び通勤難民を如何に防げるか』を

テーマに災害時においての交通手段確保を進めて参ります。

非常時にガソリンに心配はなく充電式になり一回の走行距離も約40キロとなります。





是非、一緒にプロジェクトに参加してください!

2月1日より減災塾プロジェクト 第4弾! 『減災塾』監修 家具転倒防止商品(段ボール製) ~スキマックス君~ 発売開始

2013年 3月25日 月曜日

本日2月1日より減災塾プロジェクト 第4弾! 『減災塾』監修 家具転倒防止商品(段ボール製) が
発売開始になります。

商品名は『スキマックス君』です!!

ポイントは点ではなく面です!!

水島塾長が阪神淡路大震災から東日本大震災まで色々な震災を経験して
また、第一線で活動してきた経験から今回の製作に至りました。

特に阪神淡路大震災の際には家具転倒での圧迫死や家財の下敷きになり
動けずに火災で亡くなられた方が多く、その悲しい思いを胸に今日まで
家具固定が如何に大事かをセミナーで訴えてきました。
特に簡単に軽量でサイズ調整がしやすい段ボールを活用した
固定を推進してきました。

今回、その思いが形になった商品です。
また、今回の製品には燃えにくい素材の防炎段ボールを素材に使用しています。
大事な貴重品や思い出の品を中に入れて保管して頂くことも可能です。

まちかど防災『減災塾』監修
家具転倒防止商品 『スキマックス君』
(レインゴーペーパービジネス㈱販売会社)
販売価格:2,730円(税込)

本日より注文開始になりますのでご注文は

減災塾事務局 047-492-1198 までお願いします。


スキマックス君パンフ



2月1日より減災塾プロジェクト 第3弾!の 『減災塾』監修 ~減災バック~ 販売開始

2013年 3月25日 月曜日

本日2月1日より減災塾プロジェクト 第3弾の 『減災塾』で監修しました 
減災バックがいよいよ販売開始になります。

水島塾長が阪神淡路大震災から東日本大震災まで色々な震災を経験して
また、第一線で活動してきた経験から今回の製作に至りました。

特徴としては物を収納しやすいようにバックが3層に分かれることが大きな特徴です。
そのほかに大きめのポーチも4つ付属しており、ご家族の大事なものや
救急セットなどにも活用頂けます。

緊急時においては今までにない非常持ち出し袋としての活用や
平時の時はファッションアイテムとして活用して頂く等の
使用方法があります。

まちかど防災『減災塾』監修
減災バック
(株式会社東京ユニフォーム販売製造会社)
販売価格:39,800円(税込)

本日より注文開始になりますのでご注文は

減災塾事務局 047-492-1198 までお願いします。
















11/14 日本農業新聞に『減災塾』監修の家具転倒予防器具の特集記事が掲載されました

2012年 11月14日 水曜日

11/14の日本農業新聞に『減災塾』監修の家具転倒予防器具の特集器具が掲載されました。
発売予定は2012年の12月とのことです。
水島塾長の阪神淡路大震災の被災体験と『減災』という理念から生まれた商品になります。
みじかな減災術のひとつとして商品の発売を期待します。