ニュースリリース

5月30日 千葉県生涯大学防災セミナー

2017年 5月30日 火曜日

5月30日に開催された千葉県生涯大学の防災学習で講師として参加しました。

まちかど防災『減災塾』オリジナル店舗(ALIVE)を成田空港にオープン

2017年 5月30日 火曜日

この度、私ども(一社)まちかど防災『減災塾』では

2017年6月1日~30日にかけて、

成田空港第2旅客ターミナル本館4階催事スペース(出国審査前)に

『世界に誇る防災大国日本から最先端の防災及び防災用品をPR』というコンセプトで

最新・最先端の防災用品を取り揃えた
『ALIVE(アライブ)』を期間限定でオープンいたします。

プロジェクトを立ち上げてから、多くの方の御協力があり

ようやくスタートを切ることが出来ます。

是非、お立ち寄り頂けましたら幸いです。

http://www.naa.jp/jp/20170529-newopen.pdf


http://www.gensaijuku.com/

5月28日(日)墨田区ライオンズマンション 防災訓練

2017年 5月28日 日曜日

5月28日(日)に墨田区のライオンズマンションで開催された防災訓練に
防災用品のサポートで参加致しました。

5月27日 住友シスコン 防災セミナー

2017年 5月27日 土曜日

5月27日(土)に 住友シスコン社による防災セミナーの講師として
参加致しました。当日は来場者の方々と首都圏における大規模災害のリスクを
話し合いました。

5月20日(土)八街市三区合同防災訓練

2017年 5月20日 土曜日

5月20日(土)八街市内の八街北小学校で開催されました
三区合同防災訓練に参加致しました。

当日は八街北小学校の生徒・PTAの他に八街市・市内業者・協力団体・消防・自衛隊など
様々な皆様が参加されておりました。

減災塾では防災用品啓蒙ブースの他に
水島塾長が生徒に対して講話をさせて頂きました。



5月13日 日本FP協会主催 防災セミナー研修会

2017年 5月13日 土曜日

5月13日(土)に高知県高知商工会館で行われました
日本FP協会主催の継続教育研修会の防災セミナー研修に講師として水島塾長が
参加しました。

当日は大規模災害でFPになにができるか?というテーマで講話をして
BCPの必要性やクライアントの事前対策についてお話しさせて頂きました。

4月14日 熊本地震発生から1年

2017年 4月14日 金曜日

本日、4月14日で熊本地震の発生から1年がたちます。

多くの方が地震の被害や建物の崩壊などで亡くなられました。御冥福をお祈り致します。

地震で大規模な被災をした熊本県だけでなく、大分県でも被災した地域、被災した方々がいます。

復旧復興した地域や少しずつですが復興している地域など様々で、本当に大きな爪痕を残した震災だったと改めて感じられました。

また、今なお多くの被災者の方々が仮設住居などでの不便な暮らしを強いられている現状もあります。
本当に少しでも1日でも早い復旧復興が進むことを祈念致します。

阪神淡路大震災を水島塾長自身も自ら被災経験し、新潟中越地震や6年前の東日本大震災など多くの大規模災害で現地の
物資コーディネートを行うために発災後すぐに先遣隊としてサポートさせて頂き被災者と寄り添って参りました。
また、水島自身も熊本県天草市出身ということもあり発災直後から現地の方々と連絡連携をとり様々なサポートを
減災塾でも行わせて頂きました。


多くの被災地域で、その惨状を体感した水島塾長、減災塾では その経験体験を語り部として多くの皆様と
一緒に体感して頂き、【被害を自助努力・協(共)助努力で如何に少しでも事前に減らせるか】を
理念にした「減災」啓蒙活動を行っております。

まだまだ多くのご家庭で家具の転倒防止や備蓄の備え(職場なども含む)・沿岸部の地域では津波の対策不足なども見受けられます。

また学習会を通じてアンケートなどを取ると自然災害の発生への備えや災害に対する意識が薄らいでいるのも現状です。
自分たちは大丈夫だろうという思い込みを平時の今、少しでも考えて対応してみて下さい。

本日、改めて自然災害の発生に対してどのように対処するのか等の対策をご自身やご家族の皆さんと話し合ってみて下さい。

少しずつでいいので身近に出来る事から考えて気付いて感じてみて下さい。

まちかど防災『減災塾』では、これからも未曾有の自然災害に対して、皆さんと一緒に【事前に如何に被害を減らすことができるか】の『減災』活動を行っていきます。

http://www.gensaijuku.com/

3月12日 船橋市松ヶ丘地区 防災学習会

2017年 3月12日 日曜日

3月12日(日)
船橋市松ヶ丘地区内で開催されたホームクレバー社主催の分譲地区上棟式イベントが開催され
イベント内で防災学習会を実施しました。

当日は地区内の役員・婦人部の皆様に参加して頂き

大規模発災時における対応の仕方など自助・共助の必要性をお話させて頂きました。

東日本大震災の発生から6年

2017年 3月11日 土曜日

本日、3月11日で東日本大震災の発生から6年がたちます。

多くの方が津波の被害や建物の崩壊などで亡くなられました。御冥福をお祈り致します。

津波などで大規模な被災をした東北の被災3県だけでなく、千葉県や茨城県などの関東首都圏地区でも液状化や
津波で被災した地域、被災した方々がいます。

復旧復興した地域や少しずつですが復興している地域など様々で、本当に大きな爪痕を残した震災だったと改めて感じられました。

また、今なお多くの被災者の方々が仮設住居などでの不便な暮らしを強いられている現状もあります。
本当に少しでも早い復旧復興が進むことを祈念致します。

阪神淡路大震災を水島塾長自身も自ら被災経験し、新潟中越地震や6年前の東日本大震災など多くの大規模災害で現地の
物資コーディネートを行うために発災後すぐに先遣隊としてサポートさせて頂き被災者と寄り添って参りました。

多くの被災地域で、その惨状を体感した水島塾長は その経験体験を語り部として多くの皆様と
一緒に体感して頂き、【被害を自助努力・協(共)助努力で如何に少しでも事前に減らせるか】を
理念にした「減災」啓蒙活動を行っております。

まだまだ多くのご家庭で家具の転倒防止や備蓄の備え(職場なども含む)・沿岸部の地域では津波の対策不足なども見受けられます。

また学習会を通じてアンケートなどを取ると自然災害の発生への備えや災害に対する意識が薄らいでいるのも現状です。
自分たちは大丈夫だろうという思い込みを平時の今、少しでも考えて対応してみて下さい。

本日、改めて自然災害の発生に対してどのように対処するのか等の対策をご自身やご家族の皆さんと話し合ってみて下さい。

少しずつでいいので身近に出来る事から考えてみて下さい。

まちかど防災『減災塾』では、これからも未曾有の自然災害に対して、皆さんと一緒に【事前に如何に被害を減らすことができるか】の『減災』活動を行っていきます。

http://www.gensaijuku.com/

3月11日 八街市社協主催 防災講習会

2017年 3月11日 土曜日

3月11日(土)

八街市社会福祉協議会主催の防災講習会に講師として参加致しました。

当日は八街市社協より東日本大震災より6年の活動報告
発災時刻の2時46分には参加者全員で黙とうなどを行いました。

減災塾では

過去の災害から考える『減災』というテーマで水島塾長の東日本大震災での先遣隊としての活動の実体験などをお話させて頂きました。
後半は参加者の皆さんと一緒にワークショップで減災塾クイズや防災用品体験などをして頂き防災・減災について改めて
考えて頂きました。